痛みの緩和

MENU


21日間で首の痛みを改善させる方法 ⇒  リアル体験談はコチラ

痛みの緩和

pp15.png頚椎ヘルニアの初期段階は、激しい痛みがしばらく続いて辛い時期です。
この痛みがずっと続くのではないかと不安になると思いますが、
絶対安静の下で痛みの緩和を適切に行えば、
いずれ大きな痛みは消えていくので安心してください。

 

頚椎ヘルニアの痛みは、ストレッチや体操、マッサージを行ったり、
外用薬・内用薬を使った薬物療法などの保存治療を続けていくうちに、
日常生活で困らない程度に治まっていきます。

 

個人差はありますが、牽引治療で痛みが大きく和らいだという人も多いです。
さらに、頚椎コルセットで首を固定することで
日常的な動作による負担を軽くし、症状を抑えられます。

 

手術まではしなくても、これらの方法で痛みの緩和効果は
十分にあるので、焦らず地道にリハビリしていくことが大事です。

 

 

急性期の対処法

頚椎ヘルニアの痛みが突然現れてからは、すぐには保存治療にとりかからず、
安静にしたまましばらく様子を見ることになります。
炎症が治まり緩和治療が適用されるまではつらいですが、
応急処置的に神経ブロック注射をされることもあり、
これで痛みの神経を一時的に遮断できます。

 

安静にしていてもつらいときは、ペットボトルを使って
自作の頚椎枕を作ってから横になるのもおすすめです。

 

作り方は、1.5リットルペットボトルを密封してバスタオルを巻くだけで、
その上に頚椎の曲線がフィットするように頭を載せます。
これで安眠効果が得られている人もいるので、ぜひ試してみてください。
cervical3.jpg



 

 

本年度 人気No.1頚椎ヘルニア改善プログラム

首痛改善マニュアル

 

 

首痛改善マニュアル