完治するのか?

MENU


21日間で首の痛みを改善させる方法 ⇒  リアル体験談はコチラ

完治するのか?

pp6.png頚椎ヘルニアはまだまだ「完治はしない一生の病」というイメージが強いですが、
適切な処置をすれば数か月で症状が消えることが多いです。

 

頚椎を完全に元の正常な状態に戻すには手術が必要になるケースもありますが、
保存療法を続けたり生活習慣を改めたりすることで
痛みやしびれといった症状はだいぶ軽減できます。

 

ですが、長年頚椎ヘルニアのつらい症状に
悩まされている人々も少なくないのは事実です。
そのような場合、生活習慣の積み重ねが原因というよりも
何か大きな衝撃で髄核が大きく飛び出してしまったり、
独断で間違った治療を行い逆に症状が悪化してしまっている可能性が考えられます。

 

まだ痛みの程度が激しい時に強いマッサージをしたり、
お風呂に長く浸かったりするのは良くありません。

 

頚椎ヘルニアの手術はすぐには適用されないので、
完治するまでは内服薬や神経ブロック注射といった対症療法で
痛みなどの症状と戦っていかなければなりません。

 

 

完治の定義

ただし、神経が圧迫されているから症状が現れるとは一概に言えず、
完治には必ずしも手術で髄核の状態を元に戻さなければならない
というわけではありません。

 

頚椎がそのままでも、症状が完全に無くなった状態を完治と考えるのならば、
根本的な治療は手術以外でも可能なのです。

 

東洋医学によれば、痛みやしびれの原因は神経の圧迫以外にも
体の内側にあると考えられているので、対症療法とともに
身体全体の健康を考えた治療法も必要になってくるでしょう。



 

 

本年度 人気No.1頚椎ヘルニア改善プログラム

首痛改善マニュアル

 

 

首痛改善マニュアル