頸椎ヘルニアのリハビリ

MENU


21日間で首の痛みを改善させる方法 ⇒  リアル体験談はコチラ

頸椎ヘルニアのリハビリ

pp14.png頚椎ヘルニアの治療によってせっかく症状が無くなっても、
その後のリハビリテーションをおろそかにしていると
再発してしまう可能性が高くなります。

 

頚椎ヘルニアの応急処置や手術が終わった後は、
首に専用のコルセットを巻いて固定し、
投薬治療などで様子を見ながらしばらく安静を保ちます。

 

その後首がだいぶ動かせるようになった時に、
ストレッチや軽い筋力トレーニングといったリハビリテーションへと移行します。
基本は、首への負荷が最小限に抑えられる牽引療法を中心に行われます。

 

首の筋肉を伸ばしたり緩めたりする動作を繰り返すことによって、
治療後衰えた筋肉の回復をさせ、その後の再発防止も兼ねて
新しい筋肉をつけ衝撃や負荷に対して強くなるのが目的です。

 

 

リハビリの注意点

リハビリテーションを行う時は、頸部を急に動かしたり、
負荷の強すぎるトレーニングは行わないようにしましょう。
治療が終わった後しばらくは医師の指示に従ってリハビリテーションを行い、
決して自己判断で無理をしないようにしてください。

 

早く復帰したいからと言って焦って取り組むと逆効果になってしまうので、
ゆっくりと時間をかけて行うことを心掛けてください。

 

リハビリに必要な期間には症状によって個人差がありますが、軽いヘルニアなら
病院の指導による正しいリハビリと生活習慣が改善されていることを前提に
数か月もたてば、日常生活がだいぶ楽に送れるようになります。


 

 

本年度 人気No.1頚椎ヘルニア改善プログラム

頸椎ヘルニア治療

口コミによる実力No.1院! 雑誌「健康」でも紹介された徳永英光氏の頚椎ヘルニア改善メソッドDVD。一時しのぎの対処療法ではなく、根本的な解決を図りたいあなたに。


  私も首の痛みをとる!

  実践者の体験談レビューを見る