病院で治す方法

MENU


21日間で首の痛みを改善させる方法 ⇒  リアル体験談はコチラ

病院で治す方法

頸椎ヘルニアを病院で治す方法について、牽引療法や薬物療法といった保存治療をはじめとして、手術やレーザーによる治療方法やその後のリハビリについても紹介していきます。

 

病院で治す方法記事一覧

頚椎ヘルニアを病院で診てもらう場合、一般的には整形外科を受診する人が多いです。頚椎ヘルニアの場合は、同じく脊椎を専門にしている脳神経外科で詳細な診断をしてもらうのも良いでしょう。日本整形外科学会認定の脊椎脊髄病専門医がいる整形外科・脳神経外科であれば望ましいです。脊椎脊髄病専門医とは脊椎脊髄病専門医とは、整形外科専門医の厳しい試験を突破したうえで、さらに脊椎脊髄疾患に関する診療経験を十分に積んでき...

頚椎ヘルニアの病院での治療方法は、安静を基本とした「保存治療」が主流です。代表的なものとしては、温熱療法・運動療法があり、強い痛みがあるときにはブロック療法や薬物療法が適用されることもあります。温熱療法とは患部を温めて血行を良くする方法、運動療法は首の適度な運動を行って筋力を高めて凝りをほぐす方法です。頚椎ヘルニアになると痛みやしびれで首周辺が動かしにくくなり、筋肉の凝りや血行不良で肩こりなどの症...

頚椎ヘルニアの治療法のひとつに、「頚椎牽引療法」というものがあります。頚椎牽引療法とは保存治療のひとつで、物理的手段による理学療法に分類されています。ご存知の人も多いと思いますが、専用の機械を使って頭を釣り首を伸ばす運動を繰り返す治療法です。牽引療法は古代ギリシャでも骨折や脱臼を治す為に古くから行われてきたものです。頚椎ヘルニアによる痛みが落ち着いてきたときに、症状が慢性化している状態と判断されれ...

頚椎ヘルニアの手術は、保存治療を数か月行っても症状が続いていた場合の最終手段として実施されます。切開する方法とレーザーを使った方法がありますが、レーザーについては別のページで触れます。手術時間は2〜4時間、術後は1週間〜2週間程度で退院できて負担を最小限に抑えられる最小侵襲手術が主流となってきています。最小侵襲手術とは最小侵襲手術には、椎間孔を拡大して間接的に神経の圧迫を和らげる方法とヘルニアを直...

頚椎ヘルニアがまだ初期段階の頃は、最先端のレーザー治療が有効な場合もあります。レーザー治療は切開手術とは異なり、患部に針を注射してそこからレーザー照射を行うだけなので負担が最小限で済み、手術時間も約1時間程度と非常に短いです。術後の痛みが少なくリハビリ期間の大幅な短縮となり、日帰りも可能なので頚椎ヘルニアの治療法のなかでも注目されています。PLDDとも呼ばれ、正式名称は「経皮的レーザー椎間板減圧術...

頚椎ヘルニアの治療によってせっかく症状が無くなっても、その後のリハビリテーションをおろそかにしていると再発してしまう可能性が高くなります。頚椎ヘルニアの応急処置や手術が終わった後は、首に専用のコルセットを巻いて固定し、投薬治療などで様子を見ながらしばらく安静を保ちます。その後首がだいぶ動かせるようになった時に、ストレッチや軽い筋力トレーニングといったリハビリテーションへと移行します。基本は、首への...

本年度 人気No.1頚椎ヘルニア改善プログラム

頸椎ヘルニア治療

口コミによる実力No.1院! 雑誌「健康」でも紹介された徳永英光氏の頚椎ヘルニア改善メソッドDVD。一時しのぎの対処療法ではなく、根本的な解決を図りたいあなたに。


  私も首の痛みをとる!

  実践者の体験談レビューを見る