しびれを抑えるために

MENU


21日間で首の痛みを改善させる方法 ⇒  リアル体験談はコチラ

しびれを抑えるために

pp16.png頚椎ヘルニアによるしびれは、脊髄や神経根のいずれが
圧迫されているかによってその現れ方が異なります。

 

圧迫されている神経によってはしびれが強く、
ものを上手く手でつかめなくなったり、歩行困難へとつながる可能性もあります。

 

この脊髄と神経根はどちらも神経が集まっているところですが、
それぞれ全く異なっています。

 

神経根は脊髄から出ている神経の一部にすぎず比較的丈夫にできているので、
頚椎ヘルニアで神経根が圧迫されている場合は、
上半身のしびれのみで収まることが多いです。

 

ところが、脳と同じように体全体の神経が集まって重要な機能も司っている
脊髄が圧迫されてしまうと、指先や腕だけでなく足まで痺れるようになってきます。

 

 

それぞれの対処法

神経根が圧迫されている状態を神経根症頚椎ヘルニア、
脊髄が圧伏されている状態を脊髄症性頚椎ヘルニアと呼び、
それぞれしびれを抑える処置は異なります。

 

神経根症頚椎ヘルニア 安静にしていたり薬物治療などの保存治療でしびれが抑えられ、ほとんどのケースで手術を必要としない。 ただし症状が軽いからと言っても頸部は非常に繊細な部位なので慎重な処置をしなければならない。
脊髄症性頚椎ヘルニア 牽引治療で強いしびれを和らげる療法が中心。 自力歩行や食事が困難なほど日常生活に支障をきたしているようであれば、手術も検討する。

 

 

本年度 人気No.1頚椎ヘルニア改善プログラム

頸椎ヘルニア治療

口コミによる実力No.1院! 雑誌「健康」でも紹介された徳永英光氏の頚椎ヘルニア改善メソッドDVD。一時しのぎの対処療法ではなく、根本的な解決を図りたいあなたに。


  私も首の痛みをとる!

  実践者の体験談レビューを見る