頸椎ヘルニアとは

MENU


21日間で首の痛みを改善させる方法 ⇒  リアル体験談はコチラ

頸椎ヘルニアとは

頸椎ヘルニアとはどんな症状の病気なのか、その原因、完治するのかといった基本的な知識を説明します。

 

頸椎ヘルニアとは記事一覧

頚椎ヘルニアは痛みやしびれといった様々な神経症状が現れる病気ですが、その原因とは一体何なのかを説明します。骨と骨の間に挟まって脊柱を構成している椎間板と呼ばれる組織がありますが、これはコラーゲンでできた繊維綸とゼラチン状の髄核と呼ばれる部分から成り立っている、柔らかい繊維軟骨組織です。脊柱にかかる衝撃の緩衝材となり、変形して体の可動域を広げるといった重要な役割を果たしています。頚椎に存在する椎間板...

頚椎ヘルニアの症状は、首や肩周辺のこりや痛みから始まり、最終的には歩行障害や尿失禁といった下半身症状まで現れてきます。首の軽い痛みや肩こり、背中の痛み、前胸部の痛みだけがあるときはまだ頚椎ヘルニアの初期段階と言えるので、これらの症状があれば早いうちにMRIやCTで正確な診断をしてもらうことをおすすめします。まだ症状が軽いうちはリハビリテーション中心の治療だけで緩和できます。症状の現れ方腕のだるさや...

頚椎ヘルニアが進行して、首や肩の周辺が凝ると人によってはひどい頭痛に悩まされるようになります。最初のうちは肩や首に違和感があるだけですが、頚椎は頭にも近い部分なのでいずれは影響が出てきます。頭痛の程度や痛む部位は人それぞれですが、後頭部や側頭部にかけて広い範囲で痛むことが多いです。風邪など病気になった時や、生理中、うつむきがちな姿勢の時は症状がさらにひどくなることもあります。頚椎ヘルニアによる頭痛...

頚椎ヘルニアに罹ると必ずしも手術をしなければ治らないというわけではなく、数か月や半年も経過すれば自然治癒するケースも多いです。自然治癒といっても、ただ何もしなくても自然と治るというものではありません。頚椎ヘルニアとなった原因を取り除かなければ、自然治癒どころかますます症状が悪化してしまうでしょう。整形外科や脳神経外科で適切なアドバイスと処置をしてもらい、生活習慣を改め保存治療を行うことで手術なしで...

頚椎ヘルニアはまだまだ「完治はしない一生の病」というイメージが強いですが、適切な処置をすれば数か月で症状が消えることが多いです。頚椎を完全に元の正常な状態に戻すには手術が必要になるケースもありますが、保存療法を続けたり生活習慣を改めたりすることで痛みやしびれといった症状はだいぶ軽減できます。ですが、長年頚椎ヘルニアのつらい症状に悩まされている人々も少なくないのは事実です。そのような場合、生活習慣の...

首のヘルニアは腰椎ヘルニアのように、椎間板の繊維綸から髄核が脱出して神経を圧迫している状態で、椎間板に異常のある病気という点では同じです。ですが、症状の現れ方や痛みの程度、治療法、その後の経過はそれぞれ異なってきます。人間の体の中心を支えている脊椎は全部で24個の椎骨によって構成されていますが、このうち上から数えて7番目までの椎骨が頚椎であり、この部分の椎間板に異常が起きると首のヘルニアということ...

急性期や重度の頚椎ヘルニアは、いつもの生活が困難になるほどの激痛を伴う場合があります。このときは決して、無理な運動療法や温熱療法を行ってはいけません。急な激痛が現れてからは、保存的治療のひとつである「安静療法」を行いながら1週間ほど様子を見て、痛みが和らいできたところでベルト療法や牽引療法といった処置が検討されていきます。激痛があるときは、頚椎に一切負担をかけず文字通り安静にしているのが一番なので...

本年度 人気No.1頚椎ヘルニア改善プログラム

頸椎ヘルニア治療

口コミによる実力No.1院! 雑誌「健康」でも紹介された徳永英光氏の頚椎ヘルニア改善メソッドDVD。一時しのぎの対処療法ではなく、根本的な解決を図りたいあなたに。


  私も首の痛みをとる!

  実践者の体験談レビューを見る